What's new !

先端技術を持つ企業がけいはんな学研都市に集結

けいはんな学研都市では、1987年に関西文化学術研究都市建設促進法が公布・施行されて以来、研究施設の立地や住宅の建設等、都市としての集積が着実に進み、2017年に30周年を迎えることとなりました。研究開発の拠点として、様々な規模・分野の施設立地が進み、現在130を超える大学、研究機関、企業によって活発な研究開発が展開されています。

「けいはんなビジネスメッセ」は、2006年9月の初回以降、けいはんな学研都市および周辺地域に立地する中小・ベンチャー企業や研究機関、大学が持つ、機械工業・ICT、環境・エネルギー、アグリ・バイオ、ヘルスケアなどの技術シーズをアピールする場を提供し、産学官連携や産産連携による新製品の販路拡大や新技術開発に向けての共同研究、事業化など異分野への進出、新事業への展開を図ることを目指して開催しています。
けいはんなにおける代表的なビジネスマッチング展として定着し、数多くの商談実績を挙げてきています。

「第12回けいはんなビジネスメッセ」は、「けいはんな情報通信フェア2017」とのシナジー効果を期待して同時開催とし、また開催期間も例年より半日増やすことでマッチング機会の増大を図ることにしました。